リッツ横浜探偵社社の2018年11月の日誌

神奈川公安委員会:第45150015号|サイトマップ

リッツ横浜探偵社

h2タグが入ります

メディア掲載実績

評価ランキングでも3冠達成

リッツ横浜探偵社のブログを月ごとにご紹介


横浜|浮気相手に仕返しするには?あくまで合法的な手段が最善な理由
SATOIMGL0423_TP_V.jpg

相手の浮気が発覚して仕返しする方法を知りたいという方もいるのではないでしょうか。
そんな時、仕返しの方法として気をつけなければならないことも当然あります。
この記事では、パートナーに浮気された方に向けて、正しい仕返しの方法をご紹介します。

□まずは証拠の確保から

これは、離婚して慰謝料を取ろうと考えている方は必須なのですが、パートナーの不貞行為の証拠は必ず抑えましょう。
そうすることで、後から訴えたとして、裁判の勝率が格段に上がります。
また、離婚する予定がない場合でも、相手が絶対に逃げられない証拠をしっかりと抑えておくことが大切です。
不十分な証拠で問い詰めて、相手に逃げられてしまうと、仕返しどころか浮気を認めさせることさえ苦しくなります。

□必ず合法的な手段を取りましょう

合法的な手段を取らなければ、反対に自分が損をしてしまいます。
例えば、いかなる理由があっても暴力はしないでください。
相手が証拠をとって自分が訴えられた場合、逃げられなくなってしまう可能性があります。
浮気に対して法的に許されているのは、相手から慰謝料を取ることだけです。
冷静な態度と手段をとることが大切です。

□浮気相手とパートナーを結託させない

浮気相手とパートナーが結託してしまうと、パートナーとさらに愛を深めてしまう可能性があります。
そうすると自分が損をしてしまうので、パートナーの浮気相手と落ち着いて話をし、仕返しの相手をパートナー1人にするのが正しい方法です。
浮気現場に乗り込んだり、パートナーと浮気相手がまだ連絡を取り合っているうちに行動を起こしたりするのはあまり良くないということを覚えておきましょう。

□浮気相手と別れさせてから慰謝料を取るのが良い

まずは、浮気相手と別れさせてから慰謝料を取るのが、浮気で離婚を考えている方に理想的な仕返しの方法です。
それだけでは許せないと感じる方が大半だと思います。
自分は裏切られたのにお金だけで解決できるなんておかしいと感じるかもしれません。
しかし、あまりにも復讐心に燃えすぎてしまうと、相手の気持ちは切り替わってしまい、自分だけが泥沼で辛い思いをしてしまうことがあります。
自分は早々と気持ちを入れ替えて幸せになるくらいの方が自分にとっていいと言えるでしょう。

□まとめ

この記事では、パートナーに浮気された時に仕返しをする方法についてご紹介しました。
合法的な手段で慰謝料を取る、そしてパートナーと浮気相手を別れさせて自分は切り替えるのが1番の方法でした。
また、慰謝料を取るには不貞行為の決定的な証拠が必要です。
パートナーの浮気を疑っている方はぜひリッツ横浜探偵社までご相談ください。
2018年11月30日

夫が浮気して離婚!子供の戸籍はどうすればいいの?

疑問.jpg
浮気で離婚する時、重要な手続きの一つに「子供の戸籍をどうするか」がありますよね。
本記事では、実際に子供の戸籍を変更する場合に、どのような手続きをすれば良いのかをお伝えします!

□離婚と子供の戸籍

離婚すれば夫婦の片方が戸籍から除籍され、除籍された方が旧姓に戻ります。
その後、除籍された方は「新しい籍を作る」か、「親の籍に入る」かを決めることになります。

また夫婦が離婚しても手続きをしなければ、子供の戸籍は変更されません。
例えば、結婚している時に子供が生まれて、その子供の戸籍を父親の戸籍に入れていれば、離婚した後も子供の戸籍は父親の戸籍に入っています。

これはたとえ、母親が親権者になった場合でも同じです。
離婚して親権が母親にあっても、子供の戸籍は父親と同じなのです。
この理由は法律において、親権と戸籍は関係のないものとみなされているからです。

□子供の戸籍変更に必要な手続き

*変更された戸籍謄本を手に入れる
子供の氏の変更を申し立てるには、子供の戸籍謄本(両親の離婚が記載されてある)とあなたの戸籍謄本(離婚した後)の二つが必要になります。
また、離婚に伴って戸籍謄本に離婚届の内容が記載されますが、反映には一週間程度時間を要することもあるので気をつけましょう。

*子供の氏の変更
子供の氏をあなたの氏と同じにするためには、家庭裁判所で変更を申し立てる必要があります。
その際には、子の住所地にある家庭裁判所に変更を申し立てましょう。
複数の子供がいる場合でも、1人の子供の住所地にある家庭裁判所で、全員の変更を申し立てられます。

*入籍届の提出
子供の氏を変更した後は入籍届を提出する必要があります。
子供の氏の変更許可書と一緒に入籍届を提出すると、子供の籍が父親の戸籍から母親の戸籍に移動します。
また、本籍地以外の場所で入籍届を提出する場合には、戸籍謄本の添付も必要になります。
入籍させる子供の本籍地で提出する場合はあなたの戸籍謄本を添付し、あなたの本籍地で提出する場合は子供の戸籍謄本を添付しましょう。
ここで気をつけておきたいことは、子供の氏の変更は子供が複数いても一回の申し立てで可能であったのに対し、入籍届は子供の数だけ必要になります。

子供の戸籍の変更は、複数の手続きが必要になるので、しっかりと覚えておきましょう。

おさらいすると

・離婚後の戸籍謄本を手に入れる
・子供の氏の変更
・入籍届の提出

以上の三つになります。

子供の将来に関わることにもなりますので、忘れずに手続きを行いましょう!
2018年11月26日

横浜の探偵に浮気調査を依頼!その前に準備しておくべきこととは

相談.jpg
「最近、パートナーの行動に違和感が...、でも自分で詮索できる範囲は限界もう限界...」
そのように困っている人の中には、探偵に調査を依頼しようと考える人もいると思います。
ですが、探偵に調査を依頼する際にもポイントとなることがあります。
本記事ではそのポイントである「準備」について、伝えていきます!

□なぜ準備が必要なのか

探偵も事前に調査対象者の情報を持っているのと、調査対象者のことが全く知らない場合から始めるのでは、明らかに調査スピードが異なってきます。
また、手間や期間もかかりますので、それに比例して費用も上がってしまうこともあります。
そのため、浮気の調査を探偵に依頼するとなったら、自分が集められる範囲で、できるだけ多くの情報を集めて整理しておくと、調査終了までの期間が短くなり、費用も抑えられる効果があります。

□どんな情報を準備すれば良いのか

*対象者の写真
下見は行うとはいえ、調査対象者は探偵にとっては初対面の人間です。
なので、角度などできる限り写真のバリエーションを豊富に準備しておいたほうが探偵の認識が強化されます。
なぜなら、探偵は調査に際して、様々な角度から対象者を追うことになるからです。

*浮気してる可能性がある日のリストアップ
残業がない水曜日や週末など怪しいと思う日をリストアップするだけでも効率が上がります。
毎日探偵が出動するのと、特定の曜日だけ出動するのでは費用にも違いが出てきます。

*行きつけのお店
対象者が定期的に通っているお店の情報も効果的です。
浮気相手をその店に連れて行くパターンや、その店のスタッフと親しい仲になっている可能性があるからです。
行きつけの店がわからないという方は、財布の中のレシートなどを確認して見るのも一つの手でしょう。

*携帯情報
SNSのアカウント、メール(LINE)、電話番号などからは有用な情報を数多く手に入れられる可能性が高いです。
特に現代では、Facebook・TwitterのようなSNSから大量の情報が得られますので、手に入れられる範囲で提供してみましょう。
また、探偵は電話番号から独自のネットワークで、調査対象者の情報を得られる可能性もあります。

探偵に依頼する場合、すでに自らが調査を行っているということも多いと思います。なので、その場合は一度情報を整理しておくだけでも、十分調査をスムーズに進める役に立ちます。
探偵はプロですが、自らも主体的に調査に関わっていく、手伝っていくという気持ちが大切になります。
2018年11月22日

無職の専業主婦が夫の浮気で離婚!親権は勝ち取れるのか

子供.jpg
夫の浮気が発覚!
もう一緒にいたくないからら離婚したい!
「でも、私は無職の専業主婦だし、親権を獲得するのは難しいのかな...」

と悩んでおられる主婦の方はいらっしゃいませんか?
しかし、実際親権は経済的理由だけで判断されるものではありません。
何が親権において重要なのか、そして専業主婦が親権を手に入れられるのかをお伝えします!

□無職(専業主婦)が親権を獲得できるのか

結論から言うと、専業主婦でも子供の親権を獲得できます。
親権とは、子供をしっかりと管理する権利・義務のことを言い、その権利に収入の違いや性別の違いは関係ないからです。
なので、収入が低くても、今までの子育てに対し貢献度が高ければ親権が専業主婦に渡る可能性は十分にあります。
しかし、いくら母親といえども父親の方が積極的に育児に関与していれば、親権が父親に渡る可能性もあります。

□親権獲得の基準

では、親権獲得の基準とは何なのか、具体的にみていきましょう。
裁判所では「どちらの親の元で育つ方が、子供にとって幸せか」で判断します。
そしてそれを判断するために過去の養育実績を重視します。
経済的な問題は養育費で解決できるので、精神的な側面の方が重要になります。
子供の精神的な側面を満たしているかどうかは、どれだけ愛情を注げているかと言う問題なので、専業主婦なら母親の方が有利になってきます。
なぜなら、圧倒的に子供と接する機会が多く、積極的に育児に関わっているはずだからです!

しかし、気をつけておくべきことは15歳以上の子供に関しては、裁判所が子供に判断能力があると判断し、子供の意見を尊重することです。
なので、いくら積極的に育児に関わっていても、子供が父親と一緒に暮らしたいと言ってしまえば親権が父親に渡ることは十分にありえます。
ただ、夫の浮気で離婚する場合は、子供もその事実を理解しているはずなので、父親を選ばずに母親と一緒に暮らす選択をする可能性は高いでしょう。
しかし、この場合においても絶対はないので、しっかりと子供がどう思っているのか確認しておく必要はあります。

親権とは「子供を幸せにしてあげられる」権利です。
そして、子供の幸せとはお金だけで解決できることでなく、最も重要になるのがその子供に対してどれだけ愛情が注げるかです。
専業主婦なら子供と接する時間も長く、それだけ子供に対する愛情も深いはずです。
この記事をご覧になっている方は、経済的な理由から子供を引き取ることに不安を抱えていると思いますが、誰よりも子供に愛情を注いできた自信があるなら大丈夫です!
2018年11月18日

浮気で離婚することになった!その慰謝料、税金は大丈夫?

税金.jpg
「夫の浮気で離婚することになり、慰謝料をもらうけど、税金ってかかるのかな?」
お金の問題になると、生々しくて周りの友人にも相談しづらいですよね。
本記事では慰謝料に税金は課されるのかどうか、また気をつけなければならないケースなどをお伝えします!

□原則として慰謝料に税金はかからない

所得税法の施行令に「心身に加えられた損害につき支払いを受ける慰謝料」については非課税にするという規定があります。
そのため、夫の浮気が原因で離婚する場合は、心身に加えられた損害を理由に慰謝料を請求でき、税金が課されることはありません。
しかし、この場合において慰謝料は、『心身または資産に加えられた損害に基因して支払いを受けるもの』(所得税法施行令)でなければ、非課税になりません」
例えば、慰謝料というような名目であっても、その実体が財産分与、生活費、養育費である場合には、実体を見極めたうえで非課税かどうか判断されるということです。
また、相場よりも明らかに高額な慰謝料をもらう場合も例外的に税金がかかる可能性があります。

□課税されるケース

*不動産が含まれている場合
家などの不動産を財産分与する場合は課税されます。
なぜなら、財産を譲渡したことになり、譲渡取得の課税対象になるからです。
例えば、離婚することになって、家を財産分与する場合においては、財産分与をした方に所得税が課されます。
原則的に「離婚に伴う財産分与によって取得する財産は贈与とみなされない」が、不動産の場合は異なるため、気をつけましょう。

*高額な慰謝料をもらう場合
「社会通念上相当の金額」よりも高額な慰謝料をもらう場合は、税金が課される可能性があります。
なぜ、一般的な相場より明らかに高額の慰謝料をもらった場合に税金が課されるかというと、その慰謝料には心身に加えられた損害に対する代償だけでなく、贈与が含まれていると判断されるからです。
ですので、もしあなたが相場より明らかに高額な慰謝料をもらうことになっているのであれば、どの程度の税金が課されるのかを確認しておいた方が良いでしょう。

離婚において、お金の問題は切っても切り離せません。
円満離婚なら相手と相談しあってお互いが納得した形で落ち着くことができるでしょうが、浮気での離婚となるとその話し合いは困難なものになります。
相手は自分の利益を優先しますから、お金周りの清算を任せっきりにしてしまえば、不利になる場合は多いです。
そうならないためにも、専門家に頼るなどして納得いく形で終えられるようにしましょう!
2018年11月14日

浮気で離婚!不動産の財産分与の仕方で大変な目にあわないためには!

不動産.jpg
夫の浮気が原因で離婚する場合でも、しっかりと財産分与について確認しておきましょう!
「離婚してから気がついたけど、私の方が損している」なんてことは良くあります。
本記事ではそのような財産の中でも、「不動産」にフォーカスしてお伝えます!

□財産分与とは

財産の分与とは、婚姻生活中に築いた財産を、それぞれの貢献度に応じて分けることです。
離婚の際でなくても、離婚後2年以内であれば請求できます。
財産には、家財道具、不動産(土地・建物)、預金、車、有価証券、掛け捨てではない生命保険などが含まれます。

財産の名義がどちらか一方になっていたとしても、その取得には双方の協力があったとみなされるので、共有財産として財産分与の対象となります。
一方、特有財産は原則として財産分与の対象になりません。
特有財産とは、独身時代から片方が有していた財産や、婚姻中であっても夫婦の協力とは無関係に取得した財産のことです。

□不動産の財産分与

*ローンあり
若くして離婚をした人の多くは、まだ住宅ローンを払い終えていない状況でしょう。
その場合、「預貯金は夫、住む家は妻」と決めるだけではなく、支払わなければならないローンのことも考えないと、正確に財産分与ができません。

例えば、家の評価額が3,000万円、残債が2,000万円であれば
「3,000万円-2,000万円=1,000万円」
この金額が、財産分与の対象額です。

「住宅ローンの名義は夫なので、払い続けるのも夫のはず」と思っている人がいらっしゃいますが、このケースで痛い目を見る人が後を立ちません。
なぜなら、たとえ離婚協議書にローンを夫が払うと書いたとしても、絶対に払い続けてくれるという保証がないからです。
離婚の際には、家を売却して現金にしてから分けることが賢明です。

*ローンなし
夫と妻のいずれかが家に住み続ける場合には、家を手に入れる方が、相手に対価を支払うことになります。
例えば、離婚する夫婦が時価3,000万円の建物に住んでいて、離婚後この建物に夫が居住し続ける場合には、分与の割合を2分の1とすると、夫は妻に対して1,500万円を支払う、ということになります。
しかしこれは一例で、実際にどれだけの対価を払うかは、家の時価を算出する必要があります。
時価は、不動産業者などに頼み、査定書を作ってもらうことで算出できます。

なお、固定資産税の納税通知書を見ると、不動産の評価額が記載されていますが、この評価額は課税のための評価額で、時価よりも低いことが多いので、財産分与の算定資料としては参考程度に留めておくべきです。
不動産の財産分与はローンが存在するため、預金などの財産より分与の仕方が複雑です。
離婚して時間が経ってから、財産分与に関して後悔しないためにも、離婚協議の段階でしっかりと確認しておきましょう!
2018年11月10日

夫が妊娠中に浮気していた!離婚するべきかどうかはこれで確認!

妊娠.jpg
「妊娠中の浮気」、こんなことされたら離婚をしたくなるものです。
しかし、実際問題として、離婚にはお金のことや親権のことなど様々な問題を絡んできます。
傷ついた上にその後の人生までもが散々なものになってしまう、という最悪のパターンを防ぐために、冷静に離婚するべきか検討する際に、重要なことを伝えていきます!

□なぜよりによって妊娠中に浮気するのか

・女性の態度の変化
女性は妊娠中にホルモンバランスの乱れなどから、情緒不安定な態度をとってしまうことがあります。
全ての男性が良くできた人間ではないので、そんな態度を見た男性の中にはストレスに感じ、他の女性に癒しを求めてしまうことがあります。

・男性の欲求不満
妊娠中は女性の方の身体的・精神的両面から性行為ができないという時間が生まれます。
しかしながら、男性の方は以前と何も変わらないので、どんどん溜まっていくことになります。
それゆえに、他の女性で欲求を解消する男性も現れます。

□離婚の良い点・悪い点

*良い点
・慰謝料・養育費を払ってもらえる
証拠さえ手に入れていれば、慰謝料と養育費を高確率で慰謝料を取れます。
ここで重要なことは、二つともを払ってもらうには決定的な証拠が必要ですので、確実にことを進めるためには専門家に頼ってみるのも一つの手段です。

・親権が母親のものになる
妊娠中に夫の浮気が原因で離婚に至る場合には、親権は母親が獲得します。

*悪い点
・経済面
妊娠中に仕事をすることは困難ですので、収入が限られてしまいます。
不安定な経済状況は、精神衛生上良くないので、ホルモンバランスの乱れと相まってメンタルに大きなストレスがかかる可能性があります。
出産後の生活においても、パートナーができなければ1人で働き稼ぐことになります。
万が一そのような状況になれば、大学卒業までに3000万かかるといわれる子供の養育費を払い続けることは大きな課題になります。

・子供への心の健康への負担
シングルマザーになるなら、当然働いてる時間に子供と離れます。
子供は母親と一緒にいることは難しいですから、寂しい思いをすることになります。
また物心つき始めれば、友達の家庭との違いがストレスになり、悩むこともあるかもしれません。

やっと子供ができて幸せな家庭を築いていこうとしている段階で、夫が浮気をしていたという事実を知ることは許せないことだと思います。
「こんな人とはもう一緒に入れない」と離婚が真っ先に頭によぎる人もいるでしょう。
しかし大切なことは、この先あなた自身とそしてこれから生まれてくる子供が幸せになれるかどうかです。
どの選択をすれば幸せになれるかを冷静に考えた上で決断しましょう。
2018年11月 6日

浮気相手の素性を暴きたい!でも個人情報を調査しても大丈夫?

個人情報.jpg
最近の夫、何かがおかしい...
証拠はないんだけど浮気をしてそう...

ちょっとしたパートナーの変化から浮気の気配を感じ取ることはありますよね。
「調査に踏み切りたいけどプライバシーとか大丈夫かな」と不安な方も多いはずです。
しかし、もし離婚で慰謝料を請求するなら、確実な証拠が必要です。
なので、適切に今後の展開を進めていくためにも、素性を調査することの問題性や違法性の有無を伝えていきます!



□浮気調査と身元調査は違うもの

浮気調査は夫が浮気をしていることを証明する調査であるのに対し、身元調査とはその浮気相手の素性を確かめるための調査です。
浮気調査と身元調査はセットで行われることも多いです。
浮気調査によって浮気が発覚すれば、当然慰謝料を払ってもらう必要性が出てきます。
その際に確実に内容証明をするためなどに、相手の住所などの個人情報があった方が良いので、身元調査も行うという流れです。
なので、ご自身ですでに浮気の証拠をつかんでいる場合は、確実に慰謝料を請求するために、身元調査だけを依頼することもあります。


□違法性は大丈夫なのか

探偵が浮気調査することによって、その行為が違法に当たることはほとんどありません。
しかし、その後の問題として、あなたが調査で得た情報を他で利用すると違法行為になります。
慰謝料請求するはずが、あなたが名誉毀損で訴えられる可能性があります。

またいくら探偵なら大丈夫と言っても、やはり信頼できる探偵に依頼することがベストです。
依頼する際には、どの探偵事務所が信頼できるのかしっかりと検討しましょう。

□素性調査

*調査で手に入る情報

・氏名
・勤務先
・住所

など。


同僚や元カノなど夫の周辺人物なら氏名を暴くことは比較的容易ですが、もしSNS・出会い系を通じて知り合ったなどの場合は、浮気相手の氏名が偽名の可能性があります。
そのような場合においても、探偵は独自のデータベースを所有していたり、専門的な手法を駆使したりできるので、浮気相手の氏名を特定できます。
浮気相手の住所を特定できれば、慰謝料請求の内容証明を送りつけられます。
確実に慰謝料を請求するために内容証明は重要なので、内容証明を郵送できる住所を知っていることはかなり有利になります。


*有利に働くこと

相手の詳細な個人情報を入手できますので、実際に面会まで至ることなどが可能です。
その場で、慰謝料に関する詳細なやりとりや面と向かって謝罪してもらうなどができます。
また住所を知っているので、慰謝料請求の内容証明を郵送できます。
口約束での請求は言い逃れられてしまう可能性があるので、確実に慰謝料を請求するためにも内容証明を郵送できる住所を知っておくことは大切です。
浮気相手の人物像を詳しく知りたい、浮気されたからには絶対に慰謝料がもらいたいなど、調査に至る理由は様々です。
探偵はプロなので、法的問題・道徳観などのことは基本的に気にする必要はありません。
しかし、その後の情報の扱い方・管理はあなたが扱えるものになりますのでしっかりと気をつけましょう。
2018年11月 2日

  • 弁護士にも頼まれるリッツの強み
  • 浮気調査の事例
  • 調査料金
  • 調査道具に対する徹底したこだわり
  • 調査員紹介
  • お問合せからの流れ
  • Q&A
  • 会社概要
  • お客様との座談会
  • 夫婦カウンセリング
  • 無料メール相談・お問合せはこちら