慰謝料がもらえないケースってあるの?横浜で浮気調査を検討中の方必見!

神奈川公安委員会:第45150015号|サイトマップ

リッツ横浜探偵社

慰謝料がもらえないケースってあるの?横浜で浮気調査を検討中の方必見!

メディア掲載実績

ツイッター

評価ランキングでも3冠達成

慰謝料がもらえないケースってあるの?横浜で浮気調査を検討中の方必見!
日時:2020年8月 2日 AM 06:00
横浜在住の方で「配偶者が浮気しているのではないか」と悩んでいる方はいませんか。
浮気の証拠があれば慰謝料を請求できると考えている方がいるでしょう。
しかし実際は慰謝料を請求できるケースとできないケースが存在するのです。そこで今回は、それらのケースを紹介します。

□慰謝料が請求できるケースとは

慰謝料を請求するためには、まず大きな2つの条件を満たす必要があります。
これら2つの他にも細かい条件が存在しますが、まずはこの2つを満たしているか確認することが大切でしょう。

*浮気相手に故意・過失がある

例としては、既婚者であると知れる状況であるにも関わらず、その事実を把握しなかった場合や、その状況で肉体関係を持った場合が挙げられます。

しかし認められないケースもあります。
出会い系サイトを通じて出会い、素性をよく知らない状態で、かつ既婚者と気付く余地がないまま肉体関係を持ったケースです。
この場合での慰謝料請求は厳しいかもしれません。

*浮気で権利の侵害を受けた

浮気が原因で、もともと良かった夫婦仲が悪くなった、夫婦関係を破綻させるほどパートナーと浮気相手の2人の仲が親密であった、などが例として挙げられます。
ここにおける認められないケースとしては、浮気する前に夫婦仲が悪く、別居状態だった場合が挙げられます。

□離婚で慰謝料がもらえないケースとは

離婚して慰謝料がもらえないケースを4つ紹介します.

1つ目は、性格の不一致で離婚する場合です。
これは夫か妻、どちらか一方だけが原因で離婚するわけではないため、慰謝料請求は難しいでしょう。

2つ目は、配偶者の家族との不仲が原因で離婚する場合です。
姑や配偶者の兄弟の言動が厳しく耐えられない場合は、離婚理由としては認められますが、慰謝料請求は難しいでしょう。

3つ目は、婚姻関係が破綻した後にした浮気で離婚する場合です。
これは既に上記で記したケースと同じです。
家庭内別居や、既に別居状態で交流がなく離婚した場合、慰謝料請求は難しいでしょう。

4つ目は、配偶者の信仰を理由に離婚する場合です。
日本国憲法で信教の自由が認められているため、自分と異なる宗教を信仰している理由だけでは離婚や慰謝料請求は難しいでしょう。
しかし宗教に多額の課金をしている、宗教を知らせることなく結婚した場合、慰謝料請求が認められる可能性があります。

□まとめ

今回は、慰謝料請求できるケースとできないケースについて紹介しました。
それぞれのケースで、どの状態であれば慰謝料を請求できるか分かったと思います。
配偶者の浮気が怪しい場合は、自分の配偶者の状態がどれに当たるのかを考えて解決に向かいましょう。
  • 弁護士にも頼まれるリッツの強み
  • 浮気調査の事例
  • 調査料金
  • 調査道具に対する徹底したこだわり
  • 調査員紹介
  • お問合せからの流れ
  • Q&A
  • 会社概要
  • お客様との座談会
  • 夫婦カウンセリング
  • 無料メール相談・お問合せはこちら