浮気調査の失敗談を知って成功に生かそう!横浜にお住みの方へ

神奈川公安委員会:第45150015号|サイトマップ

リッツ横浜探偵社

浮気調査の失敗談を知って成功に生かそう!横浜にお住みの方へ

メディア掲載実績

評価ランキングでも3冠達成

浮気調査の失敗談を知って成功に生かそう!横浜にお住みの方へ
日時:2019年11月29日 AM 06:00
pose_lose_girl.png

夫婦関係でお悩みの方はいらっしゃいませんか?
『最近、休日出張が多い。』
『飲み会ばかりで終電や朝帰りが多くなった。』
このような経験から、夫の浮気を疑っている方もいらっしゃるかもしれません。
今回は横浜の探偵会社が、浮気調査の失敗談をご紹介します。
自分たちの調査が成功するためには失敗を知っておくと便利です。

□浮気調査の失敗談

皆さんは浮気調査をご存知でしょうか?
浮気調査とは第三者に依頼して配偶者が浮気しているのかどうか調べることです。
浮気の確証を得やすい浮気調査ですが、様々な失敗例があります。

*証拠が取れない

探偵は対象者を追跡して証拠を得ます。
しかし、探偵が対象者を見失って証拠が取れないこともあります。
一度の失敗で、二度と証拠が手に入らないことも多いです。
そのため経験が豊富な探偵に依頼しましょう。
確証を得ていない状態で問い詰めたために、夫婦関係が悪化したというケースもあります。
自分で証拠を探すのは相手にばれるリスクが高くなるので、止めたほうが良いです。
言い訳ができない状態になるまで、焦らず待つことが大切です。

*浮気調査がばれた

探偵会社の名刺や契約書が自宅で見つかってしまったために発覚することが多いです。
名刺や契約書は夫の目が届かない場所で保管すると安心です。
また、逆にスマホをのぞき見されたことで発覚したケースもあります。
パートナーが自分の浮気に気付いていると悟った時、いったいどれほど知っているのか確かめたくなります。
そこで、探偵とのやり取りが発覚したら浮気調査していることがばれてしまいます。
対策としては、自分のスマホが見られても良いように、メールは削除しましょう。

*悪徳業者だった

契約書には成果報酬と書いてあり、証拠を取れなかったのにもかかわらず、ガソリン費や食費などの経費が請求されたというケースがあります。
契約を交わすときに、あらかじめ成果条件や実施期間を決めておくと良いでしょう。
優良な会社では事前に着手金として明記されています。
探偵会社選びを失敗しないために、会社の規模や実績、担当の社員の姿勢を踏まえて選ぶと良いでしょう。
探偵業法に基づいて会社運営がされているか事前に調べておくと良いです。

□まとめ

今回は、浮気調査の失敗談をご紹介しました。
何かを成功させるためには、事前に失敗を知ることが大切です。
今後浮気調査を依頼したとき、本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
何かご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。
  • 弁護士にも頼まれるリッツの強み
  • 浮気調査の事例
  • 調査料金
  • 調査道具に対する徹底したこだわり
  • 調査員紹介
  • お問合せからの流れ
  • Q&A
  • 会社概要
  • お客様との座談会
  • 夫婦カウンセリング
  • 無料メール相談・お問合せはこちら