録音したものは浮気の証拠として使えるの?横浜の探偵による解説!

神奈川公安委員会:第45150015号|サイトマップ

リッツ横浜探偵社

録音したものは浮気の証拠として使えるの?横浜の探偵による解説!

メディア掲載実績

ツイッター

評価ランキングでも3冠達成

録音したものは浮気の証拠として使えるの?横浜の探偵による解説!
日時:2020年12月 3日 AM 06:00
「浮気を裏付けるような録音を持っているけど、正確な証拠になるのかわからない」「録音して証拠を掴みたいけれど、違法ではないか心配」、と思っている方はいらっしゃいませんか。
この記事では、どのような録音データや取得方法が、浮気を決定づける証拠になるのかを解説します。

□不貞行為の現場の録音データを持っている場合

不貞行為の現場の録音データを持っている場合、言い逃れ出来ない証拠だと、思うかもしれませんが、盗聴やプライバシーの侵害であると、主張されるケースがあります。
探偵などの第三者が自宅に入る場合や、他人の持ち物に勝手に触れてICレコーダーを仕掛ける場合は違法ですが、夫婦が配偶者のカバンや車、自宅の寝室にICレコーダーを仕掛ける場合は、違法行為ではありません。
しかし、夫婦間でもプライバシーは尊重されるべきとされているため、場合によっては反論が難しくなるかもしれません。

また、不貞行為の現場の録音データがあっても、それが配偶者と浮気相手であることを裏付ける必要があります。
録音データは裁判官によって、浮気の証拠になるか、意見が分かれるでしょう。
対処法として最も適しているのが、音声鑑定です。
録音データと音声鑑定を組み合わせることで、有力な証拠に近づけるでしょう。

□浮気を認めている会話などが録音されている場合

まずは、配偶者と浮気相手の会話の中で、肉体関係を持っていることが分かる場合です。
この場合は、証拠として一定の価値があるでしょう。
しかし、不貞行為の現場の録音と比べると、「想像上の話だ」、「冗談で話していただけだ」、と言い逃れされる可能性があることを覚えておきましょう。

また、夫婦間の話し合いで、浮気を認める発言があった場合も、有力な証拠として使えるでしょう。
後から、「この発言は強要されたものだ」、と言われないように、話し合いの一部ではなく、最初から最後まで録音することをおすすめします。
浮気を認めても、録音していなければ、後に否定される可能性があるため、注意が必要です。
録音データが証拠になるか不安な方は、専門家に相談すると良いでしょう。

□まとめ

この記事では、録音データが浮気の証拠として使えるのかを解説しました。
録音データは、違法ではない方法で、言い逃れ出来ないものを獲得しましょう。
当社では、高性能な機材を使用し、10年以上の実績のある探偵が証拠を掴みます。
横浜で浮気調査を検討されている方は、お気軽にご相談ください。
  • 弁護士にも頼まれるリッツの強み
  • 浮気調査の事例
  • 調査料金
  • 調査道具に対する徹底したこだわり
  • 調査員紹介
  • お問合せからの流れ
  • Q&A
  • 会社概要
  • お客様との座談会
  • 夫婦カウンセリング
  • 無料メール相談・お問合せはこちら