探偵による浮気調査はどこまでできる?横浜の探偵が紹介します!

神奈川公安委員会:第45150015号|サイトマップ

リッツ横浜探偵社

探偵による浮気調査はどこまでできる?横浜の探偵が紹介します!

メディア掲載実績

ツイッター

評価ランキングでも3冠達成

探偵による浮気調査はどこまでできる?横浜の探偵が紹介します!
日時:2020年7月 3日 AM 06:00
yuseiookawa1971916_TP_V.jpg

「探偵が個人情報を入手するのは合法なのか。」
「探偵が集めた情報は裁判で使用しても良いのか。」
皆さんはこんな疑問を抱いたことがあるでしょうか。
探偵を利用したいと思っても、調査内容がわからないと不安ですよね。
今回は、探偵による浮気調査はどこまでが合法なのか解説します。

□探偵ができる調査とは

探偵業法で、聞き込み・張り込み・尾行の三つが合法調査であると定められています。
これら三つを元に入手できる個人情報は、名前や住所、勤務先ならびに職歴などがあります。

また、近年SNSで自分の情報を載せている方も多くいらっしゃいますよね。
SNSにて自ら本名や電話番号、写真を掲載している場合、それらを収集することは違法にはなりません。

しかし、「探偵は個人情報保護法に違反しているのでは。」といった疑問をお持ちの方も多いですよね。
浮気調査といった正当な理由があれば、個人情報を集められます。
これらの調査により、浮気の有無や期間、浮気相手の情報を探偵は調べてきます。

□探偵ができない調査とは

これまで、合法調査を紹介しましたが、それとは反対に違法調査もあります。
プライバシーの侵害や不法侵入は、違法行為として禁止されています。
違法行為をして得た証拠は、有効とみなされないため、裁判で不利になるでしょう。
ここからは違法調査を三つ解説します。

*盗聴や盗撮をする

調査対象者の家に侵入し盗撮を行うことは、プライバシーの侵害や不法行為とみなされます。
また、ICレコーダーを用いた盗聴も禁止されています。

「では、浮気の証拠として写真を使えないのではないか。」
こんな疑問が出てくるでしょう。
相手の所有物に触れず、証拠の写真を撮影するだけでは、探偵業法により違法にはなりませんので、ご安心ください。

*GPS 発信機を設置する

GPS発信機をつけることも、プライバシーの侵害です。
そのため、調査対象者の追跡は尾行で行います。

*違法なデータ調査

犯罪に関すること、戸籍謄本や住民票、口座残高、携帯電話からの情報は、探偵が調査できない項目です。
また、身分を偽り、調査対象者の情報を聞き出すことは、違法行為であるためできません。

□まとめ

探偵の行為の合法・違法の線引きについてご紹介しました。
合法または違法の境界線は、一般の方からすればわかりにくいものですよね。
当社は横浜市にて、浮気調査の高い技術を持ち、経験豊富な探偵が浮気調査を行なっております。
裁判で勝てる決定的な証拠を掴みたい方は、ぜひご相談ください。
  • 弁護士にも頼まれるリッツの強み
  • 浮気調査の事例
  • 調査料金
  • 調査道具に対する徹底したこだわり
  • 調査員紹介
  • お問合せからの流れ
  • Q&A
  • 会社概要
  • お客様との座談会
  • 夫婦カウンセリング
  • 無料メール相談・お問合せはこちら